tomato

どぶろくゼリーの作成過程

鍋に入れ沸騰鍋にどぶろくを入れ沸騰させます。
ゼリーはどぶろくを多く消費するので、作ったどぶろくのビンがすぐ空になります…。

砂糖砂糖を適量加えます。
このサジ加減はずいぶん悩みました。
甘すぎない量を見極めるのに時間がかかりました。

レモン汁レモン汁を適量加えます。
フルーツっぽさと自然な酸味が加わります。

イナアガーL植物性のゼリーの素を加えます。
以前はゼラチンを使っていましたが、どぶろくをゼリーとして一番美味しく味わえるのがこのゼリーの素ということに気づき、切り替えています。!

こすどぶろくの米をこしていきます。
米ツブを味わうのが阪農場のどぶろくの醍醐味ですが、ゼリーだとそうもいきません。

泡取り重要な行程の泡とりです。
泡が残っていると、冷やした時にも残ってしまい、見た目にもよろしくないので、丹念にすくい取ります。
手間を惜しみません!

容器入れ容器に移し替えていきます。
計算され尽くしたかのように、適量で収まります。

冷却冷蔵庫で1時間冷やします。
アルミホイルで蓋をします。

ラベル大事なラベルの貼付です。
賞味期限の日付けを入れます。
シールも全て手で貼っているので、1個1個のラベルの位置が微妙にズレているかもしれませんが、ご愛嬌です。

完成完成しました!どぶろくゼリー。
ぜひともご賞味あれ!

ページtopへ

阪農場topへ